自分流、一日一枚。

似非アニメーターもどきを目指すブログ。絵描きノウハウ等自己流に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

全身①

全身?

今回は全身の一回目。
hitokaku式で棒人間をば描いてみる。ポーズもhitokakuからいくつか拝借。

うーん、全身も難しい……。
現段階(筋肉をつけてない状態)での難点は二つ。


第一は、関節の可動範囲

個々のパーツの可動範囲は、なんとなくは頭には入ってるんですよ? それはね。
ただ、人間の身体は個々の可動範囲だけ押さえてても上手くは描けない。
すべてのパーツは、それ以外のパーツの動きに影響を受けるからです。

可動域を把握した上で、各パーツの連動性を意識することが必要。

それをしない、あるいはしているつもりでもできてないとき、いわゆる作画崩壊が訪れます。
そんなポーズできねえよwwwwwwwワロスwww
となるわけですね。
厄介なのは、こういう場合、個々のパーツだけ見てたりすると案外不自然じゃなかったりすることです。
要は、画面全体を見れてないことが問題の一つであることもあり得るわけです。


これを防ぐには、まずある程度個々のパーツの仕組みを理解する必要がありますね。
そしてとにかく描き慣れる
ま、パーツごとの連動性を把握してしまうのは当然として。
そうすることで、全身を描くときのキャンバス全体への目配り配分を感覚的に覚えてしまうのです。


第二は、パースの理解度の甘さ

パースってのは、まあ俗にいう遠近法ですよね。
上の絵でいくと、右下のポージングはパースが理解できてないと割と高確率で作画崩壊します。
てか実際しかけました。
とにかく、これに関しては人間を描く場合に限りません。
前回の記事で「できねー!」って言った手のポージングも、この類ですね。
ただ、全身はポージングによってはしょっちゅう距離感の圧縮が必要になります。
故に、このスキルがないと、それが顕著に絵に出てしまうのです。

とりあえず、基本的図形を回転させた場合のパースの付き方は暗記しておく必要がありそうですね。
基本的図形ってのは、正方形は勿論、長方形、三角錐、三角柱、円錐、円柱あたりです。
これを覚えてしまうことは非常に応用範囲が広そうなので、現在進行形で練習中……。



勿論他にも要因はあると思いますが、現在俺が意識すべきはこの二つかな?
てか試行錯誤すぎてわかりませぬ……。

誰か絵上手い人、助けて!





│ランキングとやらに登録してみました。
↓一日一回クリックしていただけるとむせび泣きます!


イラスト・CGランキング
スポンサーサイト
  1. 2010/03/02(火) 22:51:23|
  2. お絵かき-全身
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グロー効果ってなあに? | ホーム | 手①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gaiachopin.blog27.fc2.com/tb.php/4-e2258bf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GTN(好きなように読んでください)

Author:GTN(好きなように読んでください)
相変わらずピアニストは目指してます。
このブログでは似非アニメーターもどきを目指して絵を描くつもりでっす。
じゃんじゃんアドバイスなど待ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

めろ

リヴリーアイランド

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

h1 { background-color : #fff; /* サイトタイトル背景色を白色に設定 */ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。